むげふぁんと銀雨 活動録 その7 ~福岡オフ~

ということで、福岡オフレポ
ここも微妙に時間がずれてるかもしれません。
思い出したらいろいろ追加するかも。


オフ前日
少しでも節約するため、夜行バスで福岡へ
無事到着
でもって、そのまま地下鉄で会場へ
まぁ、着いたのが7時ごろだから誰もいないのは当たり前ですが。

とここで、ちょっと困ったとこが発生。 ま、どうにかなりましたが。


9時ごろ、ボツボツとオフ参加者がくる
でもって、主催とスタッフも到着
今回は遅刻しなかったな……ちょっと残念(ぇ
受付開始まで、大体福岡でいつも会うフィロやパークと話をする。

9時半ごろから受付
げぇっ!? 俺の前で受付してたフィロが限定カードでアリッサ王女当ててやがる!!
こっちのカードは銀雨のポスターカードでした…正直いらねぇ。

開会まで雑談、つーかフィロにカードくれくれとしか言ってなかったような?
あと、ウィンに東京オフのときに誰からか貰った「焼かま」を進呈
MS陣もぽつぽつ
まぁ、いつものくる神條MSは、9時過ぎくらいには見かけましたが。
で、なんか見覚えのある方がMSに座ってます……あれ??

で、とりあえず開会。
司会がめしょりじゃない!? 知らない方でした(なんでも東京からわざわざ来た方とか。お疲れ様です。)
注意事項から始まり、社長挨拶、主催挨拶。
自己紹介が始まるまで、歓談。

フレッサーさんに札幌行きの費用や札幌オフの様子を聞いたり、知り合いに挨拶したりする
む、やはり一度は、札幌オフに参加したいなぁ……おとなしいチアキを見るために
あと、オフでしか会わないウィレさんと話でMS席に座ってる見覚えのある方の話が…
やはりあの人でしたか……いつのまにMSになられたんでしょうか。

で、自己紹介。
オフスタッフ、イラマス、MS陣、富スタッフ、でPCども、最後にセバスチャンももも(そういや本体はまだ見てないな)。
イラストマスター陣に乱入者、うえむら絵師登場!
毎度なにかやらかしますね(ほめ言葉)

で、自分の分は無難に終わらせる。
見知った方がちらほら。
で、自己紹介終了。
とりあえず、絵師様方にイラストを頼む。
もちろんうえむら絵師にも。
あと、リョクの熊本オフ副主催なのに行けなかったあの事件をご存知のイラマスが…ショックをうけるリョク……面白かったです。

MS陣のところへもぶらぶらと。
流星MSがエティエンヌのカードを当ててらしたので並べて撮る
画像

あ~、そうそう、一本さんいわく、札幌と福岡あたりが一番オフ会らしいともらしていた。
あと、机が、安っぽい折りたたみの机とかだともっとよかったとかいってましたね。


ぶらぶらしつつ、いろんな方と話をしたりしてるとミニゲームの時間。
チームに分かれて暗号を解き、隠された札を取ってくるゲームで、制限時間内に全チームが解ければ、主催土下座。
結果は1チーム解けませんでした。 残念。

次の抽選会は、富スタッフやMS陣当たる当たる。
しょっぱなから嵩科MSが当たってましたから。

ついでにイラマス提供のイラストを主催が当てたことに関してはブーイングが

そうそう社長も当たってましたね……ネタものが
写真があるけど、載せていいかなぁ?

いつものアレ5冊とか富側からの景品(限定カードセット)の抽選がおわる
なんも当たりませんでした。
おのれ、ウィン!!

質問会
覚えてるのは、
トラップフィールドのダメージは守護天使では軽減できないらしい。
卒業後の学園行事参加は不明、卒業生の一言雑談の場もどうなるか不明。
GTは6~7個の企画は出来ている
裕福度の使い道はあれ以上増えない
最初から高3のキャラが作れないのは、仕様(学園がメインの舞台である為、1年で学園生活が終わるのを防ぐ為)
巫女の膝枕は、土蜘蛛がジョブにならない限り、ただの膝枕
他にもあったがこんなものかな?

その後、各マスター、イラマスから告知があり。

で、富スタッフ、マスター、イラマス陣退場
最後に中将閣下から遺書を用意しとけよとのアドバイス飛んだりしたな。

オフ終了、会場片付けとなり、2次会にいく人たちが3つに分かれて動くことになる。
つーか、何時まで借りてんだあんたらは。(21時くらいまでらしかった)
あまった、攻略本が配られたりする中、2次会参加者の第1陣が出発。
2次会には参加しないが、博多駅にいくので、途中まで付いていくことに。
地下鉄で移動。
天神で2次会参加者を分かれ、そのまま帰路へ


福岡オフ参加者、お疲れ様でした。
また福岡オフでお会いしましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック